フェイシャルケアの特徴

フェイシャルケアの手法もさまざまなものがあります。

どのエステに行くかでも、フェイシャルケアの内容は違います。
フェイシャルケア専用のクリームやオイルで行うマッサージや、器機を使って皮膚を揉みほぐすというものもあります。
どんなフェイシャルケアをするかは、エステによりけりです。
家庭ではできないエステ特有のフェイシャルケアには、レーザーの光を肌に照射することによって皮膚を引き締めるというものがあります。
本来レーザーは、顔にできたしみを取るために行うことが多いようです。
最近はレーザーを照射することにより、肌の活性化を促進しフェイシャル効果を高めるためにも利用されています。
レーザーを用いることで、皮膚のしみやそばかすの色を淡くすることができます。
レーザー光を使うフェイシャルケアは、エステでも人気のコース内容です。
施術後のケアを考えるのであれば、医療機関である美容外科でフェイシャルケアをしてもらった方がいいでしょう。

さらに最近ではフォトフェイシャルと呼ばれる施術も人気があります。
フォトフェイシャルはレーザーの代わりに特殊な光を肌に照射して施術を行います。
エステや美容クリニックで利用可能な美容施術で、肌への刺激が少ないことがメリットです。
この頃は、美容院などでもフェイシャルケアが受けられるところがあります。
行きつけの美容院であれば、エステを利用するより手軽に受けることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です