中年男性とダイエット

男性でもダイエットの必要性は年齢があがるにつれて増えていきます。

中年男性の場合は、仕事の関係で外食や飲酒をする機会が多いため、ストレスによる過食がおきやすいことも肥満の一因でもあるようです。
メタボリック症候群の診断を受けた男性は日本でも増加しており、会社の健康診断でも組み込まれたりと注目度が数年前からあがっています。

肥満による健康への悪い影響は深刻です。

適正体重を算出し、その体重に自分の体を調整することによって健康を維持することができます。
男性は加齢とともにメタボリック症候群になりやすく、肥満はできるだけ予防が望ましいです。

しかし、男性であれ女性であれ、一旦蓄積された体脂肪をダイエットで消費することは困難なことが多いといいます。

男性は日中は働いている人が多く、仕事の関係で外食の頻度が高くなってしまいがちです。
ダイエットを継続しにくい傾向もありますが、ながら運動などで常にダイエットを意識し続けることが肥満の解消にもつながります。

中高年の男性に起こりやすいメタボリック症候群は放置しておくと、高血圧や高血糖、高脂血症などの深刻な病気リスクが高まっていきます。
栄養面に配慮した食事をすることや、運動不足を解消していくことがダイエットのコツです。
体内の脂肪を効率的に燃焼させるために、中年以降の男性の場合は軽いウォーキングやジョギングなど、
無理せず継続することが効果をだし、リバウンド回避もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です