標準体重と理想の体型

自分の標準体重を踏まえた上で、健康維持を意識しつつ、バランスの良い体型や理想の体重を目指しましょう。

標準体重の計算方法はいくつかりありますが、最も一般的な方法がBMIという計算方法です。
BMI法では、標準体重を算出するに公式に当てはめて計算されます。
BMI法で標準体重を計算した場合は、統計上、BMIの数値が22となるときに最も高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能異常等の有病率が低くなると言われています。

体脂肪率は、BMIの数値には直接関わっていません。筋肉質な人でもそうではない人も同じ数値になるというデメリットがあります。
標準体重で出た数値は、標準体型とイコールというものではありません。

体内にどれだけの脂肪と筋肉を貯えているかで、同じ標準体重でも体型は異なります。
脂肪が多い人の方がふっくらとして見えるしょう。
筋肉量が多い人は、筋肉が思いですから見た目の体型以上に体重が重くなる傾向がありますので、肥満体型だと思ってしまいがちですどういった体型を目指しているかによっても、理想の体型は異なります。
全身を引き締め、細い身体になりたい人もいますが、筋肉を増やしたいと考えてる人もいるでしょう。

どういった体型を目指すかは、一人一人が自分の身体をどうしたいかで違います。
目標とする理想を意識して、運動など決めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です