標準体型と肥満について

BMIはよく知られている標準体重の指標です。
計算式は「体重÷身長の二乗」という計算です。

もしも計算結果が18.5以下であれば、体重が少なすぎる状態とされています。
標準体重とは、BMI値の18.5~25におさまることをさします。

一方、肥満はBMI25からですが、そこから更に細かく区分されます。
25~30が肥満度1、30~25は肥満度2と、以後は5刻みで肥満度3、4と進みます。

BMIは身長と体重からだけで計算をするので、体脂肪率は無視されています。
そのため、脂肪が多い人はややぽっちゃり目に見えます。
BMIは高くても、脂肪が少なく筋肉が多いという人であれば肥満ではありませんので、体重は現状維持で良い場合もあります。

理想の体型として、多くの女性の憧れとされることの多いモデル体型の場合です。
モデル体型は、標準体重から比較すると痩せ気味であり、時には太る必要がある痩せすぎ体型と判断されてしまいがちです。
セルフコントロールのためには体重チェックは必要なことですが、体重計ばかりではわからないこともあります。
常に体重に合わせて、体脂肪率や体のサイズを測定しましょう。

過剰な脂肪がつきすぎていないのか、体型が変わっていないのか確認することも大切です。
標準体重になれたとしても、重要な体型、スタイルが崩れては本末転倒ですし、そこからもちなおすのは苦労します。
ダイエットを行う場合は運動と組み合わせるなどして、筋肉量を保持するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です