健康な食生活が加齢臭を防ぐ

年齢をへるにつれ、加齢臭という問題に悩まされる人は多いです。

汗などの加齢以外の原因が強くでてしまうというケースもありますが、大抵の場合は身体に老廃物がたまる、それを処理しきれないで、独特の臭いの原因となってしまうようです。

では、いかにして、そういった老廃物をためこまないように、年を重ねた後もなるのでしょうか?

方法としては、「健康な生活」が当たり前すぎて、「なにそれ?」と思われるかもしれませんが、確実で効果の高い方法です。

起床時間、就寝時間、睡眠時間、適度な運動、などなど、生活習慣をととのえて、規則正しい生活は身体に悪いわけがありません。

特に食事は、加齢臭などの臭いの原因となる老廃物に深くかかわってきます。

老廃物とは、つまり処理しきれない摂取したものですから、食事から身体に取り込んだものが多くをしめるでしょう。

どういったものが、処理しきれないかというと、過食やよく噛まないで飲み込んでしまった食べ物です。つまり、消化しきれない食べ物ですね。

また、消化能力を決める内蔵を正しく機能させておくことも重要です。
急激な温度変化、特に近年はエアコンが普通になってしまって、急に冷えた部屋、暖かすぎる部屋によって、内臓をふくめたバランスを崩しがちですので、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です