二の腕の引き締め

二の腕の引き締めが気になるのは、薄着の季節になったときです。

実際の体重より太って見えてしまうのは、キャミソールやタンクトップから出ている二の腕がたるんでいる場合です。
二の腕には、物を持ち上げたり自分の方に引っ張る使う外側の筋肉と、物を下ろしたり自分から押しのける時の内側の筋肉とがあります。
二の腕の筋肉のうち、物を下ろす時や押しのける時に使う筋肉が日頃はあまり使う機会がないようです。
使わない筋肉には脂肪が蓄積されるのは、当然のことです。

皮膚にでこぼこができてしまうことも、セルライトが溜まってしまうことが原因であるといいます。
二の腕を引き締めるには、内側にある筋肉を使う運動をする必要があります。

簡単にできるダンベル体操は、おすすめの方法です。
500mlのペットボトルに水を入れても、ダンベルが手近になければ良いでしょう。
ダンベルを引き締めたい側の腕で持ち、ダンベルを地面から垂直に持ち上げる運動です。
ポイントは、肘が動かないように意識することだそうです。
持ち上げるときには、二の腕の筋肉を強く収縮させるよう意識します。
きちんと筋肉を動かすことによって期待できるのが、さらなる引き締め効果です。
ゆっくりした上げ下げのダンベル運動を、1度に10回の目安で行います。
他にも、二の腕の引き締め効果があるエクササイズなどもあります。

ストレッチでも筋トレでも、動かす筋肉を意識しておこなうことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です